解約しないで保険料を下げる方法

2015年07月07日 11:41

保険料を下げるには、現在加入している保険を解約して、別の保険に再加入する。ま、これが一番簡単な方法ですよね。
しかし、よくよく考えてみると、これまで加入していた保険を解約したとしても、戻ってくる返戻金なんてものは本当に微々たるものです。それでは、余りにも知恵がありません。そこで、もし、現在加入している保険に価値があるのなら、解約という最終手段を取る前にもっと他の方法があります。
その方法とは
■減額
保険金の一部を減額してその分保険料を安くする方法です。すなわち、一部分だけを解約するというイメージです。
■払済保険
現在の保険料の支払いをストップして、その時点の解約返戻金をその後の保険料にあてるものです。これを行うと、保険期間は変わりませんが、保険金額は小さくなります。
■延長保険
保険料の支払いをストップして、その時点の解約返戻金を定期保険の保険料にあてます。保険金額は変わりませんが、保険期間は多くの場合短くなります。
この方法によって、保険料の支払いをやめて保障を残すこともできるのです。特約が消滅してまったり、加入している保険の種類によっては利用できない場合もありますが、必要な保険を解約してしまう前に、一度、保険会社に問い合わせるなど検討してみる価値はあると思います。
いくらかの保障が残るのであれば、その保障分は新しく見直した保険から、保障料を下げてもいいわけですからね。しかし、このような制度は、保険会社の人は、なかなか教えてくれないんですね。
しかし、FPであれば、このような制度も熟知していますので既存の保険を活用した見直しにも対応できます。
このように、保険で困った時には、保険無料相談を利用するといいですよ。意外に普通は知らない抜け道てきな方法があるものなのです。無料で相談しても、しつこい勧誘や電話は全くありませんので安心して相談できます。

生命保険ドットコム